• Area Market / 東京 / 都心
  • 2021年11月04日

建築家『隈研吾』氏のデザイン邸宅を手に入れる/東京・北海道4つのレジデンス

都心

日本を代表する建築家、隈研吾氏。国立競技場をはじめ、美術館や商業施設など、名だたる建築作品が国内外にありますが、『個人の邸宅としての建築物』は限られたものになります。ここでは、弊社List Sotheby’s International Realtyおすすめ、隈研吾氏デザイン監修の居住用マンションをご紹介します。

 

 

【CONTENS  POINT】

●隈研吾氏の主な建築作品

●東京都心のレジデンス

●北海道のレジデンス

「THE KITA」

自然との融合を基調に、多彩に広がる「隈研吾」氏の世界

「木材の格子(ルーバー)」をはじめ、「木材を多用した和のデザイン」、「環境や文化に溶け込むデザイン」を特徴とする隈研吾氏の世界。建築作品は20か国以上に広がり、国内外において「日本建築学会賞」、「国際木の建築賞」(フィンランド)、「国際石の建築賞」(イタリア)など数々の賞を受賞しています。

 

また、「コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求」など、ジャンルにとらわれない先駆的な取り組みが、国内外の注目を集めています。

<建築作品の一部>

■『国立競技場』(東京都新宿区)

2019年竣工。2021年東京オリンピック・パラリンピックの「オリンピックスタジアム」メイン会場。

 

■『高輪ゲートウェイ駅』(東京都港区)

2020年暫定開業。2024年高層ビル群と合わせ本開業予定。JR山手線では「西日暮里」駅(1971年)以来、JR京浜東北線では「さいたま新都心」駅(2000年)以来の新駅。

 

■『角川武蔵野ミュージアム』(埼玉県所沢市)

2020年竣工。埼玉県所沢市との共同プロジェクト「COOL JAPAN FOREST構想」の中核施設。国内最大級のポップカルチャーの発信拠点といわれる。

 

■『サントリー美術館』(東京都港区)

1961年開館。サントリー芸術財団による、日本の古美術を中心とした私立美術館。2007年に「東京ミッドタウン」にて再オープン、2020年リニューアルオープン。森美術館と国立新美術館と合わせ「六本木アート・トライアングル」を構成。

 

■『根津美術館本館』(東京都港区)

東武財閥の実業家・根津嘉一郎氏による日本と東洋の古美術品をもとに1941年開館。現在の本館は2009年開業。寺院建築を思わせる切妻屋根など隈研吾氏の自然と調和した和建築が印象的。BCS賞、毎日芸術賞受賞。

「角川武蔵野ミュージアム」(埼玉県所沢市)

東京都心のレジデンス

1.『THE KITA』(東京都渋谷区神宮前)

「『THE KITA』は、カナダ・バンクーバーでの『Alberni』に続く、Kengo Kuma & Associatesとウエストバンクとのコラボレーションによる 6つめの開発プロジェクトです。

 

北参道に位置し、隈研吾氏ならではの『木材のルーバー』を用いたデザインが特徴的なハイグレードマンションです。ウエストバンクの開発で、国内外の富裕層をターゲットとしているため、目に入るもの一つひとつへのこだわりが細部まで行き渡っています。

 

たとえば、高低差への配慮。一般的に『地下階』の部屋は『目の前が単なる壁』など、殺風景なものも少なくありませんが、『THE KITA』では、天然石などでひとつの『趣ある空間』がつくられています。

 

部屋から松や梅が見えたり、クロスが和紙であったりと、隈研吾氏のデザイン性と合わせて、住む人への配慮が研ぎ澄まされているのを感じます」(ListSotheby’sInternationalRealty 銀座オフィス支店長  福島麦)

 

【物件概要】

■物件名:THE KITA

■所在地:渋谷区千駄ヶ谷3丁目

■交通:東京メトロ副都心線「北参道」駅徒歩4分他

■構造:RC造、地上5階建

■築年月:2020年

※詳細はList Sotheby’s International Realty銀座オフィスにお問合せください。

「THE KITA」

2.『パークタワー赤坂檜町ザタワー』(東京都港区赤坂)

「平成30年(2018年)竣工、『六本木・赤坂エリア』、『東京ミッドタウン』隣接の立地が最大の魅力で、東京ミッドタウンとは3階グリーンブリッジでつながっています。利便性の良さはもちろんのこと、敷地内の『檜町公園』をはじめとした自然を感じる閑静な住環境です。

 

また、隈研吾氏監修の洗練されたデザイン性に合わせ、地震に強い構造なので、技術的にも日本を代表するハイグレードマンションといっていいと思います。富士山を望めるので、外国人にも人気です」(ListSotheby’sInternationalRealty 銀座オフィス支店長  福島麦)

 

【物件概要】

■物件名:パークコート赤坂檜町ザタワー

■所在地:東京都港区赤坂

■交通:都営大江戸線「六本木」駅 徒歩7分 他

■構造:鉄筋コンクリート造地上44階地下1階建

■総戸数:322戸

■築年月:平成30年(2018年)2月

※詳細はList Sotheby’s International Realty銀座オフィスにお問合せください。

「パークタワー赤坂檜町ザタワー」

3.『パークコート神宮前』(東京都渋谷区)

「『神宮前一丁目民活再生プロジェクト』の一環として2009年3月に竣工したハイグレードマンションです。東郷神社の隣り、『原宿』駅や『明治神宮前』駅が最寄りという非常に恵まれた立地です。

 

隈研吾氏による外観デザインと建築・インテリアデザイナー 小池邦彦氏監修によるデザインで、最上階にはラウンジ、屋上にはエアーデッキがあるほか、1階には『ラ・グランド・メゾンHiroyukiSAKAI』があります。定期借地権付きのマンションなので詳細は個別にご相談ください」(ListSotheby’sInternationalRealty 銀座オフィス支店長  福島麦)

 

 

【物件概要】

■名称:パークコート神宮前

■所在地:東京都渋谷区神宮前

■交通:東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅徒歩6分他

■構造:鉄筋コンクリート造地下3階付き地上16階建

■総戸数:385戸

■築年月:2009年1月

「パークコート神宮前」

北海道のレジデンス

『プロスタイル札幌宮の森』(北海道札幌市)

「2022年7月竣工予定のマンションです。コンクリート造ですが、木をふんだんに利用した隈研吾氏のデザイン性と、高低差を生かした、広々としたテラスが特徴です。

 

『プロスタイル札幌宮の森公式サイト』のインタビューで隈研吾氏が語るように、立地も非常に魅力です。『札幌の街が一望でき、一方で背後に山がある、というのは日本ではなかなか得難い条件だと思い、敷地のもつポテンシャルに魅力を感じたのです』(隈研吾氏)。

 

『宮の森』は、北海道の中でも都市機能の高い中央区にあり、都心でいうと成城(世田谷区)や池田山(品川区)のような高級住宅地です。ちなみに『宮の森』という名称は、秩父宮殿下・高松宮殿下の来札を機に命名されたものです。

 

「プロスタイル札幌宮の森」

近くには札幌を代表する桜の名所『円山公園』、札幌五輪で使用された『ジャンプ競技場』や文化施設などがあり、2030年の『札幌冬季オリンピック・パラリンピック』招致活動も盛り上がっている旬なエリアといえます。

 

お客様からのお問合せは、『居住用や別荘』、『リタイヤ後の住まい』や『ビジネス拠点』としての検討など様々です。海外では台湾や香港、マレーシアの方からのお問合せも多く、やはり世界的に隈研吾氏の認知度が高いのを実感します。本国在住で日本に複数の不動産を所有する海外投資家も、『隈研吾ブランド』がこの物件を検討するきっかけとなったとおっしゃっていました」(List Sotheby’s International Realty  銀座オフィス 鄭成漢)

 

 

【物件概要】

■物件名:プロスタイル札幌 宮の森

■所在地:北海道札幌市中央区宮の森

■交通:地下鉄東西線 円山公園駅 約2.6km

■構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上11階建(※建築確認:地下2階地上3階建)

■総戸数:20戸(他管理人室1戸)

■築年月:2022 年7月31日(予定)

※詳細はList Sotheby’s International Realty東京オフィスにお問合せください。

「プロスタイル札幌宮の森」

文責:Exceptional Life編集部

『THE KITA』 特設サイトはこちら

『プロスタイル宮の森』特設サイトはこちら

 

バナーの「リゾート別荘特設サイト」「公式アプリ」もご活用ください。

 

※情報は10月1日時点のものです。お問合せ時に掲載内容(金額等)が変更されている場合がございます。その場合は変更後を優先いたします。掲載内容は予告なく変更になることがございますのであらかじめご了承ください。

 

List Sotheby's International Realty Tokyo Office

  • リストインターナショナルリアルティ株式会社
    東京オフィス
  • 東京都港区虎ノ門 1丁目21-19 東急虎ノ門ビル 10階
    東京メトロ 日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅 徒歩1分
    営業時間:10時~18時 定休日:なし
    宅地建物取引業者免許/国土交通大臣(2)第8544号
  • 0800-800-7065
  • お問合せ
PAGE TOP